So-net無料ブログ作成
検索選択

土壁ワークショップ [つれづれ]

スタッフの阿部です。

先週の土曜日、私の所属する、バウビオロギー研究会の第3回住宅セミナーとして、
土壁塗りのワークショップが行われました。

三浦海岸沿いに建つ住宅には、これまでに、ワークショップを通じて、
200人以上の参加者が訪れたというから驚きです。
今回も、ワークショップとセミナーをあわせて延べ20人以上の参加者が来ました。
この家のお施主様が名付けた「みらいのいえ」という名前には、
引き渡し後も様々なワークショップを通して、家を「生活の場」としてだけではない、
様々な人が出会い、遊び、対話し表現していく「社会の場」としていく家を目指したい、
そういう願いを込めて、

「みらいのいえ=200年後も完成しない住宅」

と名付けていらっしゃいまいした。
朝の始発で現場へ向かって、終電間際で帰ってきた長い一日でしたが、
新たな家づくりのかたちを学ぶ、貴重な一日となりました。
securedownload-1.jpeg
securedownload.jpeg

どっちが本物?2 [つれづれ]

先週と同様、実物と模型写真です。

ドイツのお城です。
ディズニーランドのシンデレラ城のモデルになっとも
言われたお城です。
ノイシュバイン模型.jpgノイシュバイン実物2.jpg

どっちが本物かわかりますか??

都会のオアシス [つれづれ]

小林です。

今日も、大阪の好きな場所の紹介です。
自宅からすぐの所に、靭公園という大きな公園があります。
広さは9.7ヘクタールだそうで、魚市場から戦後占領軍の常用飛行場となり、
大阪市に返還後、公園として整備されました。
滑走路だったこともあり、東西に長い形をしています。

今は、テニスコートやバラ園、周辺にはおしゃれなカフェレストランギャラリー等があります。

いいと思うのは、公園そのもの、というよりその場所にさまざまなアクティビティが生まれているからです。水辺があったりちょっとしたところにベンチがあったり、芝生で寝転べたり。。。
休日は家族連れ等もおおくにぎわっていて、まさしく「都会のオアシス」です。
101113_120047.jpg

草屋根と太陽 [つれづれ]

スタッフの阿部です。

日曜日の打ち合わせの向けて、現在模型作業の直しの作業をしております。
写真は現在基本設計を進めている物件です。
プライベートの庭からは森を望む、眺めのいい住宅です。

現在、草屋根を検討したり、太陽光を検討したりと、
太陽熱とどう向き合って行くか、模型を見ながら作業をしております。

自然であること、太陽エネルギーや炎を考えることで、
肉体的にも心理的にも熱の質を感じることができますが、
そもそも熱の質とはどういったものでしょうか。

バウビオロギーにおいて、この放射熱の健全なる利用は、
紫外線、赤外線治療カラーセラピー等と同様であるとしています。
この「火のセラピー」は、血液循環や皮膚の血行を良くし、
新陳代謝、ホルモン調節に肯定的に作用し、抵抗力などに加え、
生きる喜びへとつながっていく…

文章にしてみると、すこしオーバーに聞こえてくるかもしれませんが、
いずれにせよ、石油に依存しないで、熱エネルギーを有効活用していく方法を
一人の建築に携わる人間としてと考えていく必要があると感じます。
1119.jpg
1119-2.jpg

どっちが本物? [つれづれ]

広島の宮島にある世界遺産、厳島神社の写真です。
厳島鳥居3.jpg

厳島模型鳥居2.jpg


上の写真が実際の写真で
下の写真が東武ワールドスクエアーで撮って来た写真です。

広島に行った時、お天気が悪かったせいか本物のほうが
くすんで見えるのが残念です。

写真で見てどっちが本物かわかりますか?

御堂筋を歩く [つれづれ]

小林です。

東京の下町のように、迷路のような路地を迷いながら歩くのも好きですが
丸の内や表参道のような、まっすぐ整備され、街路樹がきれいに植わっていたりする場所を歩くのもまた気分が良くなります。

大阪の中心部は、碁盤の目のように道路が通っていて、主要な道には○○筋とか○○通り、等の名前がついています。なので迷う事はあまりありません。
自宅から良く歩いて心斎橋の方に出かけますが、好きで良く通るのが、御堂筋です。街路樹もきれいで、気持ちがいいです。
また冬はイルミネーションもきれいで、にぎわいを見せます。
101117.jpg

こっぽら土澤配筋検査 [つれづれ]

浅美です。

11月8日にこっぱら土澤の基礎の配筋検査に行ってきました。
梁、スラブの
配筋の太さ、本数、ピッチ、継ぎ手の長さ、定着、
ガス圧接の位置等を現場検査してきました。

午前中自分が検査し、午後役所の検査をうけました。
検査は合格でした。.

基礎の面積も大きいので、一つ一つ確認していくのが時間がかかります。
その分作る方はもっと時間をかけて作っていただいています。
鉄筋屋さんも6.7人で働いていただいていました。
もちろん熊谷組の現場担当の方もいらっしゃいますし
ホントたくさんの方が係っています。
スムームに現場が進む様に頑張っていきたいと思います。

現場が近ければ、毎日でも現場に行きたいですね。

配筋検査.jpg


新聞に掲載されました [つれづれ]

スタッフの阿部です。

今日はブログの担当曜日ではありませんが、現在進行中の現場「こっぽら土澤」の記事が、
読売新聞に掲載されましたので、報告させて頂きます。
101114読売新聞.jpg
私の出身は福岡ですが、中学から高校までは岩手県の北上市、土澤の隣の市で育ちました。
地元の地域貢献に関わる仕事ができることに、とても幸せを感じております。

写真中央に写っているのが、合同会社「土澤長屋暮らし」代表の猿館さん。
一番左側に写っているのが、主宰の市川です。
また、一番右側に写っている笑顔の素敵な、まちづくり会社の渡邊さんは、
私の高校の先輩です。歳が離れており、在学中はお会いしたことはありませんでしたが、
部活も同じバスケ部というから驚きです。人と人との繋がりは本当に不思議なものです。

こっぽら土澤も、そんな人と人とのつながりを大切に、地域の皆様に愛されながら、
土澤の土地に根付いていくことを願っています。

小屋組 [企画型住宅KE01号現場日記]

スタッフの阿部です。

企画型住宅KE01号において、現場日記ということでやっておりますが、
今回はタイムリーな話題ではなく、少し前に紹介すべきであったであろう、
小屋組のご紹介をします。

企画型住宅は、共通して、2階の天井高は抑えております。
なぜなら、全体の建物高さを抑えることで、外壁の面積が小さくなり、
その結果として、コストの削減に繋がるためです。

KE01号の天井高も低く抑えられており、
力強い小屋組を間近でみることができます。

101112-1.jpg

101112-2.jpg

この骨太のAトラス構造の住宅を、近々ご覧になって頂く機会がございます。

現在チラシを作成しており、完成したら改めて告知致しますが、
12/12(日)11:00〜15:00において、お施主様のご好意により、
完成見学会を行わせて頂きます。

今日、現場打ち合わせの後に、床の養生をはがすのが待ち遠しいですね、という話題が出ました。
床から天井まで、見所満載の住宅となっております。

興味のある方は、お気軽に、下記の連絡先まで御連絡お待ち致しております。

アーキネットデザイン
archi@js7.so-net.ne.jp
担当:阿部まで

酉の市 [つれづれ]

友達とランチをしに新宿に行ってきました。
そしたら花園神社で酉の市がやっていたので
行ってみました。

たくさんの熊手を売ってる中
ダルマを買ってきました。

パソコンモニターの下に置いて
毎日ダルマを見ながら作業に取り組んでいます。

何か良いご利益がありますように。
ダルマ.jpg

ピンクがかわいくて買ったのに
事務所内で不人気で残念です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。