So-net無料ブログ作成
検索選択

変わらないこと [つれづれ]

スタッフの阿部です。

今日、関東では春一番が吹きましたね。今年は早かったのかなと思っていたら、
なんと、昨年も同じ日に吹いたそうです。
最近は「異常気象」とか、「前例のない記録」とか、
地球はこの先どうなってしまうんだっていうことばかりが起こる毎日の中、
去年と変わらず、なんていうことを聞くと、なんだか安心しますね。

変わらないことっていうことは、とても難しいことなんだなって思うとともに、
ここまで安心感を与えてくれるものなのだと、改めて感じました。
だからこそ、何十年も同じ職業に、ひたすら打ち込む職人さんからは、
とてつもない魅力を感じるのでしょう。

かなり余談な上に私事ではありますが、自分の部屋を整理していたら、
勤続20年とかかれた、父親のかばんを見つけました。
文句のひとつも言わずに家族のために働く、そんな父親に自分もなれたらなと思います。

湯島天神 [つれづれ]

鈴木です。

受験シーズン真っただ中ですね。
受験生のみなさん、頑張ってください。
勉強がうまくいないで落ち込んでいる時とか
神頼みしたくなりますよね。

私もその一人でした。
私が受験生だった頃
学問の神様、菅原道真公を祀っている
湯島天神にお参りに行ってきました。

結果は‥第一希望とまではいきませんが
合格できました。
その節はありがとうございました。

今の時期は梅祭りが行われていて
大変にぎわっています。

母が、撮って来たのですが
私も行きたかったな。

湯島天神2.jpg


北野工房のまち [つれづれ]

小林です。

少子化による小学校の閉校と、その後利用は全国的な問題となっています。
地域の拠点として生まれ変わった例もありますし、数年前には新宿で吉本興業東京本社が移転してくるなどの話題をよぶこともあります。

先日神戸で訪れた「北野工房のまち」もその一つです。
1996年に閉校され、その後、「北野工房のまち」に生まれ変わったようです。
手作りの食べ物やお酒、小物等を販売しているお店が並んでいます。

スケール感も小学校なのでとても落ち着くし、
もともとの建物も、手摺のデザインとかがとてもかわいかったりと素敵で
楽しくふらっと立ち寄る事ができます。

この保存も神戸の地元の方々の要望からスタートしたという事で、
もちろんすべて保存すれば良いという事ではありませんが、
いろいろな機関や人が協力して、地元の方々の熱意を形になって実現させる事は大切なことだと思いました。
110223.JPG

バウビセミナーin軽井沢 [つれづれ]

スタッフの阿部です。

再来週の3/5,6に、私の所属するバウビオロギー研究会の、
6周年の記念セミナー軽井沢で行われ、私も参加してきます。

今回は、ドイツからバウビオロギー建築家ブランク氏も招き、
2日間バウビオロギーの発展を考える貴重な時間となるかと思います。

セミナー自体も楽しみではありますが、それと同じくらい楽しみなのが、
吉村順三氏の建物見学です。
吉村氏の軽井沢といえば、軽井沢の山荘を連想するかと思いますが、
今回は、カニングハム・ハーモニーハウスという、
青少年のためにつくられた音楽練習場を見学します。

仕上は、外壁は唐松の下見張りとモルタル刷毛引き、
内壁は漆喰とラワンベニヤ張りの建物です。

セミナーが終わったら写真をアップしますが、
こんなところで、ピアノの練習ができたら素敵だなと、
皆さんも感じることと思います。

セミナーの詳細は、以下のURLからご覧になれます。
http://www.maebashi-it.ac.jp/~baubiologie/burannkuk%20in%20karuizawa.pdf

パムッカレ [つれづれ]

鈴木です。

先日、埼玉でも雪が降り、寒い日々が続きますね。
そんな日は温泉で温まりたいですよね。

トルコの温泉地ともいえるパッムカレです。
パッムクはトルコ語で綿、カレは城
綿の城という意味です。
世界遺産にも登録されヒエラポリス遺跡もあり
見所は満載です。

石灰が含まれた地下水が地熱により温められ
温水となって石灰が沈殿して白い棚田になりました。

白くキレイですよね。
土足で入って行きますと笛吹かれて怒られます。

パムッカレ2.jpg



水御堂 [つれづれ]

小林です。

先日、大阪から少し足を伸ばして淡路島にいってきました。
淡路には、学生の頃、ちょうど夢舞台が完成した直後に友人といったことがありましたが、
今回約10年ぶりの訪問でした。

10年ぶりの夢舞台は、手入れが行き届いてとてもきれいで、花の時期は本当にきれいなんだろうなーと、所々に咲く早咲きのチューリップをみながら思いました。スケールが大きいので、建物、庭含めて維持管理は本当に大変だと思いましたが。。。

それから初めてで今回行きたかったのが、夢舞台と同じ安藤忠雄さんが設計された本福寺の「水御堂」です。
20年前に建てられたお寺の本堂で、人工的につくられた円い蓮の池の下(地下)に本堂がある、という建物です。
今回時期的に蓮が咲いているのを見られなかったのが残念でしたが、
外観も、建物の内部の朱色の本堂も、20年経っていると思えないくらいきれいで、
とても落ち着く空間でした。
写真は、本堂におりていく階段です。
DSCN8146.JPG

積雪 [つれづれ]

浅美です。

昨夜、さいたまでも雪が積もるほど降り、一面真っ白になりました。
夜は信号機のあかりで、スキー場の様な景色でした。

写真事務所玄関の前に昨夜作った雪だるまです。
階段の雪かきが必要ですが、
雪かきのスコップがないのでちりとりでしてみます。
雪かきはずっとしてないですね。
今日は天気がいいのでたぶんとけてしまいますね。


ちなみに
岩手の土澤の現場は仕事をする前に雪かきをしてから仕事をします。
大変な現場です。
雪だるま.jpg


菜の花 [つれづれ]

鈴木です。

昨日は埼玉で雪が降りました。
だんだん、暖かくなって来たと思ったけど
また、冷えてきましたね。

先週に続き、鈴木家の庭の植物を紹介します。
菜の花2.jpg

昨日の雪が嘘のように晴れましたね。
菜の花がきれいに咲いてます。

この菜の花は植えたのではなく、
昨年、生えてきました。

庭に鳥がよく来ますが
その鳥が種を運んで来たのかな?
風にとばされてきたのかな?
と母と話していました。

他にも彼岸花や百合がいつのまにか庭に
咲くことがあります。
不思議ですね。

こどもクリニック [つれづれ]

浅美です。

今、北与野で建築中のこどもクリニックの内装模型写真です。
あともう少しで出来上がるので楽しみです。
クリニック.jpg

伏見稲荷 [つれづれ]

小林です。

先日、京都の伏見稲荷に行ってきました。
伏見稲荷と言えば、朱色の鳥居がたくさん並んでいる風景を思い浮かべる方も多いと思います。
その数なんと5000以上らしいです。
全国に数多く有る「お稲荷さん」の総本宮で、今年御鎮座1300年だそうです。
110209.JPG

「お稲荷さん」というと、実家の近くにも小さな小さなお稲荷さんがありました。
祖母が、なにかあると、油揚げをもって、お参りに行っていたのを思い出しました。
毎朝、神社によってから出勤する、という方も結構居るようですが、
お参りは、その寺社の大小に関わらず、何か、心が洗われる感じがしていいものですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。